年齢肌の原因、コラーゲン不足

年齢肌の原因、コラーゲン不足

私たちの肌というのは若い頃はモチモチとしていて、スキンケアに力を入れていなくてもキレイな状態を保つことができますが、ある程度年齢を重ねてくるとそういうわけにもいかず、毎日しっかりとスキンケアを行う必要があります。
特にお肌にハリがなくなってきたなと感じているのであれば、コラーゲン不足が考えられます。

ハリ、しわ、くすみの原因

コラーゲンは年齢とともに体内から減少してしまいますから、しっかりと補ってあげないとお肌にも大きな影響を与えてしまいます。
コラーゲンが不足してしまうことによって、お肌のハリがなくなってしまい、しわが目立つようになってしまうし、潤いも失ってしまいますから肌が乾燥します。
お肌が乾燥してしまえば、スキンケアを行ってもすぐに蒸発してしまいますから、乾燥した砂漠のような状態になり、いつまでもお肌の生まれ変わりができなくなってしまいます。
そうするとお肌はくすんできてしまうので、透明感のある肌からは程遠くなってしまいます。

コラーゲン補給はスキンケアの基本

お肌に潤いを与えてくれる成分というのは、コラーゲンの他にもありますが、まずコラーゲンがしっかりとお肌にないと、潤いを閉じ込めておくことができません。
しっかりとコラーゲンを補給してあげることによって、お肌の奥からモチモチとした状態を保つことができるようになり、ハリをもたらしてくれます。
また乾燥をしなくなるので、しっかりとお肌の入れ替わりが行われ、くすみがないきれいなお肌になります。
お肌にトラブルを感じてきたというのであれば、コラーゲンをたっぷりと補給してあげるようにしましょう。